top of page
  • 執筆者の写真chojinakahodo

嘉例ヌ源_YAF

第七回やんばるアートフェスティバル(カリーヌムトゥ)

ビジュアルデザイン=ナガオカケンメイ



カリー(嘉例)は「縁起が良いこと」を意味する言葉です。

沖縄では、喜ばしいこと、めでたいことがあった時に

「カリーちきらさな(喜びを分かち合いましょう)、カリー!」

と呼びかける乾杯の挨拶としてもお馴染みです。


沖縄島のはじまりの地であり、水源地でもある山原(やんばる)。

美しい自然と豊かな文化が息づくこの地域が、

新しいアートの源になることを目指して2017年にスタートした本フェスティバルも、

おかげさまで七年目を迎えることができました。


幸運の「七」を掲げる今回は、末広がりの八回目に向けて、

さらなる「喜び」と「幸せ」の源となることを願い、

気持ちも新たに高らかに呼びかけます。


グスーヨー! カリーサビラ!

コメント


bottom of page