SESSION   撮影指南・デザイン相談

現在、仲程長治による「撮影指南」は、グループ講座や教室ではなく、個人セッションとしてお受けしております。

お一人おひとりの現状や作品の使用目的、目指したい撮影スタイル等に合わせて細やかな「指南」を行いますので、まずはご希望の日時、ご要望などをCONTACT(お問い合わせフォーム)よりお気軽にご連絡ください。

​また、コンセプト設計からネーミング、ロゴデザイン、ビジュアルイメージ制作まで、ゼロからのあらゆるブランド構築やアートディレクションを行う「デザイン相談」も行っております。

僕の撮影スタイル

昔、島外から来たカメラマンの

アシスタントを頼まれた時のこと

あるカメラマンに、

「太陽の横にある、あの白い光はなんですか?」と聞かれた

 

「ああ、あれは月ですよ」と僕が答えると、

「嘘でしょ〜。月は昼間に出ないっしょ!」とそのカメラマンは言った

 

またある時は、別のカメラマンに

「沖縄の海は青い時と黒い時があるね。

パンフレットでは青いのに、今日はなんで黒いの?」と聞かれた

 

「浜の向きと太陽の位置の関係で

海は青くなる時もあれば、ならない時もありますよ」と僕は答えた

某有名カメラマンとロケの打ち上げした時には、

「カメラマンはね、金持ちのボンボンにしかなれないよ。

レンズとかボディとか照明とか三脚とかさ、高いでしょ。

普通は最初から買えないよ!」と言われた

カメラマンとは? 写真家とは?

何を極める人なのだろうか

 

今や、ネットを見れば溢れんばかりの撮影テクニックが

無料で簡単に手に入る時代

けれど、道具や情報がどんなに進化しても

僕の「撮る」姿勢は、昔から少しも変わらない

それは、基本があるからだ

昔の琉球人が感じていた風、

鳥や猫たちが見つめる視線、

隙間から覗けば今でも少しだけ残っている

懐かしい島の風景

僕が感じる圧倒的な島の美しさ、

この島だけの色と光と蔭、

​ただそれだけを見つめ続けている

「あなたらしい撮り方って何?」

とよく聞かれるのだが、

写真は引き算、カメラは足し算

カメラという道具と仲良くなるには?

写真という表現を楽しむには?

​そんなことを

​ぶれない自分のスタイルを探している

「あなた」に伝えられれば…と思っています

仲程長治